NPO法人 CLUB岡山

Home > NPO法人 CLUB岡山

設立趣旨について

 近年の社会環境は人間関係の希薄化により地域社会での人と人との結びつきが失われつつあります。それによって、地域の人々の支えあいや助け合いという場面が減少しているのではないかと思われます。青少年の実態などを見てもゲームやインターネットの普及によって人とのかかわりを求めない傾向にあるといわれています。

そういった状況の中、当法人は地域の人々にスポーツの普及や推進、文化的活動の場を提供していくことで、人間関係の希薄化という社会環境の問題に対して、地域の人々に貢献できるところが多くあるのではないかと思います。性別や年齢に関係なく多くの人々が参加できるクラブの創設、育成が必要だと考えました。

その活動の振興、基盤の整備、充実を図っていくことがより重要となってきます。しかし任意団体として活動を行っていく場合、第三者から団体・個人に対して誤解を生じ活動に支障をきたす可能性があります。活動の基盤を整備していく意味でも法人格を取得することで、法にのっとった法人運営と情報公開によって、経営の基盤を確立させる。また法人名で契約行為の主体となれるなどの点から、非営利の法人として活動を継続していくことにより社会的信用が得られるのではないかと思います。地域の法人として継続した活動を行うことができると考え、平成25年4月からの特定非営利活動法人設立を決意するに至った次第です。

認定NPO法人を目指して

認定NPOとは?
NPO法人のうち、一定の要件を満たす法人は所轄庁から認定されることで、税制上の優遇措置を受けることが出来ます。
この認定NPO法人制度は、NPO法人への寄付を促すことにより、NPO法人の活動を支援することを目的としています。 
認定などの基準
1、パブリック・サポート・テストに適合すること
2、事業活動において共益的な活動の占める割合が 50%未満であること
3、運営組織及び経理が適切であること
4、事業活動の内容が適切であること
5、情報公開を適切に行ってること
6、事業報告書などを所轄庁
7、法令違反、不正の行為、公益に反する事実がないこと
8、設立の日から1年を超える期間が経過していること
 
パブリック・サポート・テスト
相対値基準
実績判定期間における経常収入金額のうちに寄附金等収入金額の占める割合が5分の1以上であることを求める基準
絶対値基準
実績判定期間内の各事業年度中の寄附金の額の総額が3,000円以上である寄付者の数が年平均100人以上であることを求める基 

ケイコーハウジング 倉敷平成病院