規約

Home > ALCION C.F > 規約

設立趣旨

スタッフ一同、茶屋町サッカースポーツ少年団のコーチとしてサッカーを通じて、少年たちが自らを練磨することを目的として1970年からの活動に関わってきました。 しかし、ここ数年、茶屋町サッカースポーツ少年団の団員数が増加し、現在の少年団の体制では一人一人に試合経験や出場時間の確保が難しい状況になってきました。また、茶屋町の小学校区以外の近辺の小学校区からもサッカーを取り組める場を求めて入団する児童が増加してきました。そういった状況の中で茶屋町という地域にとどまらず、近辺の地域に対して、性別や年代を超え、生涯サッカーを楽しむことができる各個人に合った活動の場を設定できるのではと考え、クラブ設立に至りました。

規約

1条(名称)
名称は「ALCION C.F(アルシオン クラブ デ フットボール)」とする。
2条(本拠地)
活動本拠地を岡山県倉敷市茶屋町および倉敷市東部とする。
3条(練習場所)
倉敷市立茶屋町小学校(岡山県倉敷市茶屋町早沖445番地)
倉敷市立豊洲小学校(岡山県倉敷市西田201番地1
倉敷市立天城小学校(岡山県倉敷市藤戸町天城2285番地)
倉敷市立帯江小学校(岡山県倉敷市加須山526番地)
倉敷市立東陽中学校(岡山県倉敷市高須賀315番地)
その他近隣グランド
4条(クラブ事務局) 以下住所にクラブ事務局を置く。
岡山県倉敷市茶屋町156番地1
5条(目的)
ALCION C.Fは,「サッカーを楽しみたい」「上手くなりたい!」という子どもたちのそれぞれの目標を支えていき,広い視野でサッカー選手を育成することを目的とする。また,世代や性別に関係なく,サッカーを通して健康で楽しい生活を共有できる場や時間を設定していくことを目的とする。
6条(入会資格) 以下事項を入会資格とする。
1)クラブの目的に賛同するものであること。
2)規約の尊守を誓約し,入会申し込み書を提出したものであること。
7条(会費) 会費とは次のものをいう。
入会金 (入会時に支払うものとする。)
年会費 (年度の更新時に支払うものとする。)
月会費 (毎月翌月分を前月の27日までに支払うものとする。)
8条(会費の不返納)
一旦納入した入会金・年会費・月会費は,理由の如何を問わず返金しない。
9条(会費の滞納)会員が事前の承認を取る場合を除いて,会費の支払いを怠った場合,指導を停止し,除名することができる。
10条(休会・退会)
休会もしくは退会する選手は,事前にクラブへ連絡しなくてはならない。
本人の都合により休会する期間中も会費を徴収する。 但し,病気による入院等で長期にわたって活動に参加できないと認められた場合は,当該期間の会費を免除する。
11条(連絡の義務) 会員は,住所・電話番号等に変更が生じた場合,速やかにクラブへ連絡しなければならない。また,練習または試合等のチーム活動に参加できない場合や遅れて参加しなければならない場合,早退しなければならない場合,事前にスタッフに直接連絡しなければならない。
12条(練習方針)会員およびその保護者は,チームの指導方針や活動方針について,クラブに一任するものとする。
13条(練習予定)毎月の練習・試合予定は,チームからの月予定表およびメール,または口頭で連絡を行うこととする。
14条(行動規範)会員は以下の行動規範を尊守し,チームの一員として真摯な態度でトレーニングに臨まなければならない。
1) 日本国の刑罰法規に抵触する行為を行ってはならない。
2) クラブの品位を著しく損なう言動および態度をとってはならない。
3) チームの風紀を乱す行為を行ってはならない。
4) チームのルールを守り,スタッフの指導に従うこと。
5) 学業を疎かにしないこと。
6) 常に弱者を支え,地域の規範となるよう行動すること。
7) 保護者や目上の方々に敬意を払って行動すること。
8) 礼儀正しいあいさつや正しい言葉遣いに気を配ること。
9) チームの活動を休んだり,遅れて参加したり,早退したりする場合は,必ず
連絡すること。
15条(除名) ALCION C.Fは,選手が以下項目のいずれかに該当した場合,選手を退会させることがある。
1) 会員が日本国の刑罰法規に抵触する行為を行ったり,重大な不祥事を起こしたりした場合。
2) 会員およびその保護者が,本規約の事項またはクラブの指示に違反し,クラブが改善の催促をしたにもかかわらずこれを拒否あるいは無視したり,改善しなかったと認められたりした場合。
16条(傷害対応) 以下事項に基づき対応する。
1) 会員全員,スポーツ安全協会保険に加入する。
2) ALCION C.F は会員に対して、チームの活動中において事故の無いよう万全の注意を払うが、試合中及び練習中、または移動中の不測の事故による傷害に対しての補償は、加入スポーツ安全協会保険の補償適用範囲内のみとし、それ以外は一切の責任を負わないものとする。
3) ALCION C,Fは会員が活動中にけがをした場合、応急処置を行い、場合によっては救急搬送を行う。
第17条(規約の改正) 本規約は随時改正できる。
第18条(施行) 本規約は2013年4月1日より実施する
追加事項 
・ 移籍    日本サッカー協会規約、規定、倉敷地区委員会に準ずる。
・サッカースクール、イベントへの参加  ALCION C.Fの活動を最優先する。組織内に4種チームの無いものへの参加は認める。
・トレセン活動への参加     チームの活動が最優先できるものへの参加は認める。
・セレクションへの参加   6年生は受ける際にチームに連絡する。ルール、マナーを守り、チームの名に恥じないように参加
その他の学年で参加する場合はALCION C.Fを退会後、参加する。
・学校行事などがある場合は学校行事を優先してください。
 

岡山県サッカー協会 第4種委員会 倉敷地区委員会移籍に関する規定

2014617

倉敷地区委員会

 

岡山県サッカー協会 第4種委員会 倉敷地区委員会移籍に関する規定

 

【基本的理念】

どのチームに入団、移籍、退団することは個人の自由であり何人たりともそれを強要、阻止できるものではない。ここで規定する条項についてはこの基本理念に基づいて作成されたものである。 この規定はこの基本理念に基づいた上で、不正に該当する移籍行為、引き抜きについてそれらを抑止するために作成されたものである。

下記、規約内容に適用する選手とは、チームに在籍している選手を示し、JFAに選手登録をしている選手だけではない。

 

【移籍について】

◆移籍は原則、新年度登録時期以外は認めない。(登録期間中は原則移籍はできない。) ただし、下記の理由で在籍チームおよび移籍先チームの代表者同士の同意、または規律委員会の承諾を得たうえで、ともに移籍承諾書を取り交わした場合は移籍を認める。 また、新年度登録時期においても移籍承諾書を取り交わす事とする。 

[移籍理由]

① 転居・転校に伴う移籍

② 家庭環境の変化による移籍

③ チーム環境の変化による移籍

 

◆年度途中に他チームに在籍している選手(保護者)からの移籍希望の要請があった場合、 要請のあったチーム関係者(代表,監督,コーチ,スタッフ,保護者等)は、拒否するとともに在籍するチーム関係者へ申し入れがあったことを連絡する。

また、在籍チーム関係者は移籍理由を選手(保護者)から聞き取り調査を行い、理由によっては規律委員会で協議し、公式試合の出場制限について決定する。

 

◆年度途中に登録選手が在籍チームを登録抹消して退団後、他チームへ入団し追加登録した場合においては、移籍承諾書受理日より1年間の公式試合には出場できないものとする。 ただし、移籍承諾書に在籍するチームと移籍先チーム双方の署名、捺印があれば、その限りではない。

公式試合:県大会ならびに県大会につながる予選会をいう。

優勝大会、中銀カップ(JA全農チビリンピック)、全日本少年(U-12リーグを含む)

 

【選手の勧誘について】

◆チーム関係者(代表,監督,コーチ,保護者等)が他チームに在籍している選手にたいして自チームへの勧誘活動を行ってはならない。

 

◆チーム外活動における勧誘ついてトレセン,サッカースクール等のチーム外活動において、活動関係者から勧誘等があった場合は在籍チーム代表者に報告するとともに、チーム代表者は、規律委員会へ報告し規律委員会は事実関係を調査して必要な措置を行う。活動関係者が著しくモラルに欠ける場合は、活動関係者が所属するチームに対しての公式戦への出場を認めない。

 

【規律委員会での決定事項について】

規律委員会での決定事項に関して、当該チームがその決定事項に従わない場合は倉敷地区からの除名もあり得る。

この規約は平成2671日より施行する。

チームバス運用方法

チームバス運用方法

 

試合引率

   集合場所

茶屋町駅 (試合会場へのルート上で待てる選手のみ、途中乗車OK

 

   解散場所

茶屋町駅 (途中乗車した場所)

 

・自宅への送迎  以下の条件を満たしたときのみ行えます。

1.解散後、STAFFに次の練習など無い

2.事前に保護者の都合で茶屋町駅に迎えに来れない相談を受けていたとき

.   3.車両が通行できる場所まで

 

   試合参加選手数による使用

○参加選手12名の場合

・選手全員、基本的にバス使用でお願いします。

.      ※試合会場の場所などで保護者送迎が都合のよい方は事前に連絡をください。

 

・チームバス維持管理費 1回乗車200

※長距離、高速道路を利用した場合は別途集金

 

 

○参加選手12名以上の場合

・保護者の送迎が難しい選手(定員12名)

.       ※基本、保護者の方の送迎でお願いします。

 

・チームバス維持管理費

.       乗車人数による(基本的には参加選手12名の場合と同じ)


ケイコーハウジング 倉敷平成病院